memo

java,ActionScript,javascript,html,css,ソーシャルマーケティングなどのメモ

Category: Windows

「Apple Sync Notifier.exe – エントリ ポイントがみつかりません」
のエラーをいい加減解決する方法

        

Apple Sync Notifier.exe – エントリ ポイントがみつかりません
プロシージャ エントリ ポイント xmlTextReader がダイナミック リンク ライブラリ libxml2.dll から見つかりませんでした。

図:Apple Sync Notifier.exe - エントリ ポイントがみつかりません  プロシージャ エントリ ポイント xmlTextReader がダイナミック リンク ライブラリ libxml2.dll から見つかりませんでした。

iTunesまわりでのエラーかと思いAppleの対応を待つべくiTunesのアップデートを待ってました。
んで、
何度かiTunesのアップデートありましたよ。
品質改善のレポートも送信してますよ。
でも直してくれないのですね。

というわけで、自分で直します。

iTunesまわりでのエラーかと思いiTunesをアンイストールして、又インストール。

ところがどっこいAppleさん、またエラー出てますよ。
なのでMobile Meからsafariから全部消して再インストール。

だども、ダメ。

て、てごわい。

ここでようやくググることに。
まず、Apple Sync Notifier.exeがなんぞやと
→http://bit.ly/qwA09c

ふむふむふ……..ムニャムニャ。。。

ま、要はAplleさんのソフトのあれですよ。
認証とかの連携するやつですよ。多分。

sositeたまに壊れるgoogleの日本語入力。w
~~~~~~~~この部分

毎度ながらgoogle.co.jpでは詳しい情報がパパッとでてこないので
google.comを巡回。

結果、以下をすればおk。

C:\Program Files\Common Files\Apple\Apple Application Support\libxml2.dll

C:\Program Files\Common Files\Apple\Mobile Device Support\

へコピー。

大体が
Apple Sync Notifier.exe – エントリ ポイントがみつかりません
って出た時
同様に該当のファイルを同じとこにコピペして再起動すれば直るみたいですね。

AMDのCPUがAMD-V、Hyper-Vに対応しているかチェックするツール

        

ちなみにmacをvmware(windows7)上にインストールしようと思えばAMD-Vに対応していないと
インストールできないっぽいです。

AMD Virtualization™ Technology and Microsoft® Hyper-V™ System Compatibility Check Utility
図:AMD-Vチェックツールダウンロード画面

解凍して実行して下記画面なら対応しているのでOK。
図:AMD-Vチェック結果(対応時)

CPUが対応していてもBIOSで有効にしていない場合上記画面はでません。
んでもって仮想化できません。

AMDのPCへMac OSXをインストール(Windows7のVMWare版)

        

~準備中~

コマンドプロンプトでUTF-8を表示して
文字化けを直す

        

コマンドプロンプトでUTF-8を表示すると
文字化けします。

ローカル環境で
xamppを使ってとか
java環境を作ってとか
データベース(mysqlとか)使ってとか

とかしてると
コマンドプロンプトで確認する場面がでてきたりします。

そん時の対処法

コマンドはこれ

chcp 65001

以上。
以下画像での手順です。

ショートカットの Ctrl + R でcmdと入力してコマンドプロンプトを立ち上げたら
ショートカットの Ctrl + R でcmdと入力してコマンドプロンプトを立ち上げ

右クリックしてプロパティでフォントを前もってMSゴシックに変更。これしとかないとダメアルネ。
右クリックしてプロパティでフォントを前もってMSゴシックに変更

で次はどのウィンドウに適用するか。どっちでもいいです。
で次はどのウィンドウに適用するか。どっちでもいいです。

chcp 65001のコマンドを入力
chcp 65001のコマンドを入力

この画面がでたらOK。
この画面がでたらOK。