別のプログラムでOLEの操作が完了するまで待機を続けます だとぉ!?

       このエントリーをはてなブックマークに追加

エクセルで 別のプログラムでOLEの操作が完了するまで待機を続けます

とかでた。

OLEって何じゃと調べると

OLE 【Object Linking and Embedding】(e-wordsより

Windowsにおいて、アプリケーションソフト間でデータを転送・共有するための仕組み。

OLEを使うことによって、あるアプリケーションソフトで作成している文書の中に、
別のアプリケーションソフトで作成した情報を埋め込んだり、
別のアプリケーションソフトの機能をあたかも自分の機能であるかのように提供することができるようになる。

1991年に登場したOLE 1.0はWindows 3.1に搭載された。
大幅に機能を拡張したOLE2が1993年に登場し、
Windows 95に搭載された。
1996年にはインターネットに対応するための機能を追加したものが登場し、名称も「ActiveX」に改められた。

OLEを利用することにより、
単独では実行できないが、
特定の機能のみを持つ部品化された小さなソフトウェアを作成することができ、
これをOLEコントロールと呼ぶ。

OLE コントロールはアプリケーションソフトに機能を追加するのに利用される。
企業が自社特有の処理をOLEコントロールとして作成し、
市販のアプリケーションソフトに組みこんで使うことにより、
0から専用のアプリケーションソフトを開発するよりも低コストにカスタムアプリケーションソフトを作成することができる。

とまぁ、こんな感じ。

要は何かのソフト(アプリケーション)と連携しようとして
固まったみたいな感じ。

で、相手方は分からないんで
タスクマネージャーのプロセスで
適当に使ってないプロセスを消してみる。

今回はデータが重いから連携がしんどかったんかな

「データ」→「分析」→「データ分析」がリボンから消えるし。

しかし、EXCELはほんと重い。

なんどもバージョンアップしてるのにマイクロソフトはトンチンカンなのかな。

軽くする努力をしてほしい限りです。

1つのファイルが重くなったら他のエクセルファイルもどうしようもなくなるし。

取り敢えず、タスクマネージャーで終了されてないのアプリケーションを探してプロセス終了。

で、動くように。

Office Liveのアドインとか何で動いてたのか不思議。